野鳥(1420)-ホオアカ、子育て中

ノビタキと同じエリアに生息するホオアカも今は子育てに忙しく動いてます。 シャッターチャンスは然程ありませんでしたが、ホオアカの親子の給餌など草原で繰り広げられてるホオアカの生態の一端を観察することができました。ホオアカの給餌は初見です。 ブログ画像をクリックすると大きなサイズの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1419)-ノビタキ、スッカリ夏羽に

早朝に少し雨を気にしながら出発,朝の澄み切った静寂な高原に到着。直ぐにカッコウが高原に響き渡る鳴き声で迎えてくれました。 高原のノビタキはすっかり夏羽になり広い草原の中を飛び回ってました。中にはここで生まれた幼鳥も。 ブログ画像をクリックすると大きなサイズの画像をご覧に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1418)-アオバズク、巣立ち雛

今年の雛は3羽、撮影できたのは2羽並びでした。 梅雨の雨雲で神社は暗く、高い杉の木の上で休む雛達はお休み中、なかなか目を覚まさず忍耐の要る撮影となりました。 ブログ画像をクリックすると大きなサイズの画像をご覧になれます。 You can see the larger seized p…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カワセミ(231)-2番子の巣立ち

小雨降る池に今年2回目の巣立ちがありました。 巣立った雛は5羽、いずれも食欲旺盛なので親鳥の給餌も大変、短い滞在中に3回の給餌がありました。今回は5羽全部を確認できず3羽だけの給餌だけでしたが、既にスンナリと餌渡しをせず可なり焦らしながら給餌してるのを見ると早や自立を促してる様でした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寺院(11)-奈良大和四寺のみほとけ展

奈良の北東部に所在する岡寺、室生寺、長谷寺、安倍文珠院の四寺が長年保存継承して来た国宝4件、重要文化財9件を国立東京博物館で「奈良大和四寺のみほとけ」として展示公開しました。 これ等古刹の極めて魅力に富んだ仏像を以前から一度は拝観したいものと思いながら機会がなく今日に至ってました。その昔室生寺には一度訪問し金堂に安置された文珠菩薩立像…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1417)-アカショウビン、巣造りか?

現地到着前に予定した巣には数日前から動きがなくアカショウビンの撮影は難しいのではとの情報がありましたが、一応確認のため訪問しました。現地を確認したところ矢張り巣穴は完全に動きがなく他の野鳥(コノハズク)の撮影に向かいました。 しかし、現地に詳しいCMさんが巣穴を造るアカショウビンのペアを見つけ場所を教えてもらい幸いにも何とか撮影できま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1416)ーコノハズク、夜の番人

深い森の一角に設けられた巣箱に雛が孵り毎日懸命に育ています。 活動は主として夜から朝方まで15分間隔で餌を運び昼の間は巣のそばの木立で休んでます。ここのコノハズクは赤色型で可愛い目つきが大変魅力的です。 又オオコノハズクも営巣していて親鳥は警戒心が強く観察できませんでしたが、巣箱内にいる雛は1羽観察できました。 日中巣の傍で警…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1415)-ブッポウソウ、 森の宝石

早朝に現地に到着、まだ暗いうちにカメラをセットして待つも気温が上がらず虫類が出ないためブッポウソウの動きはほとんどない状態で3時間位経ちました。気温も上がり虫の動きがあるようになった8時過ぎようやくブッポソウも動き出し、それ以降はほとんど出ぱなしで撮影に暇がとれない程に忙しくなりました。 巣には雛が5羽、傍の観察モニターに映っていて今…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1414)-ササゴイ, 巣立ち

毎年ササゴイのコロニーでは何組かの巣が出来て雛が生まれました。巣立ち雛の食欲はすごく懸命に親鳥は餌を運んでますが、満ち足りてないようです。 少しブログをお休みします。再開時には又宜しくお願い申し上げます。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1413)-チョウゲンボウ、巣立ち

待ちに待った雛の巣立ちがありました。雛といっても若鳥に近く自力で少し飛べるので巣の周りの木々に飛び移り葉陰で餌を待ってます。 目をパッチリ開けて親鳥を大声で呼んでます。確認した雛の数は3羽で巣に2羽、木立に1羽。これから日に日に大きくなり自立の日も間もないでしょう。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

野鳥(1412)ー高原の鳥、コムクドリ

高原の林の中警戒の声「ジャー」を発しながら懸命に巣にいる雛に餌を運んでします。 春は桜の花が散った頃に良く出会いますが、今は山の中子育てで大忙しです。巣の中のお子達も外を覗き見る程に大きくなってるので間もなく巣立ちすることでしょう。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more