野鳥(1526)-サンコウチョウ、抱卵中

サンコウチョウの巣立ちは早く平均して,抱卵日数:12~14日、巣立ち日数:8~12日です。予想はしてはいたものの訪問前日降雨の中巣立ちしてしまい残念ながら巣立ちに立ち会えませんでした。 別に前回観察した巣造り中の巣は完成し今は抱卵中でした。 その巣では雌が巣を守り雄は殆ど姿を見せてない状態でした。 …
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1525)-サンコウチョウ、給餌中(既に巣立ちました)

抱卵していた卵が孵って親鳥が盛んに繰り返し給餌をしています。 主に雌が頻繁に、雄は余り見かけないので雌が主体で世話してるようですが、雛の数は3羽(?)、かすかに給餌時に頭が見え確認出来ました。 この巣の雛は既に巣立ちましたので巣立ち前の様子のアップとなりました。 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1524)-アオバズク、戻ってきました

台風で境内の杉が被害を被りアオバズクの営巣に影響するのではと懸念されましたが、今年も無事営巣に入りました。 今は巣の近くで雄が見守りをしています。 動きがないので単純な写真になりがちですが、今日は羽繕いやエンジェルポーズをして楽しませてくれました。 ブログ画像…
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1523)-チョウゲンボウ、飛翔(2)

構造物に止まったチョウゲンボウは先に巣立ちした頭が黒褐色色味の若鳥と思われます。親鳥は時々飛来し一方未だ巣の中に残る雛(先日巣立ちした様です)に給餌を繰り返してます。そんな若鳥(?)と親鳥の様子を構造物で冴えないですが撮影しました。 若鳥の飛翔 親鳥の飛翔 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1522)-チョウゲンボウ、飛翔(1)

今年の営巣は三ヶ所の様で既に巣立った処と未だ巣の中にいるものもありました。巣の中の雛は鳴き声が聞こえるもののまだその姿は見えたり見えなかったりです。又別の巣では落下して不幸にも命を全う出来なかった雛がいた様です。最後に残った巣の雛(2羽か3羽?)が巣立ち出来元気な姿を見せてくれることを期待したいものです。 周辺を飛び廻る親鳥の飛翔です…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1521)ーキビタキ、大きな鳴き声

キビタキの鳴き声が森の中一段とハッキリと大きく聞こえてきます。ここのキビタキはスーパーキビタキと言われる程美しい個体です。 暫く近くに寄るのを待ってると急に暗い杉の木の上から鳴き声が、高い細枝の上で餌を咥えてました。 給餌のためなのか期待してみましたが結局飛び立つ前に食べてしまいました。 スーパーキビタキ …
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1520)-サンコウチョウ、巣造り

今度も又サンコウチョウの巣造りを観察しました。 高い木にぶら下った弦に造ってるのですが一度目を離すと再度見つけられない程難しい場所です。巣はほゞ7,8割方出来上がってましたが、頻繁に巣材を運び込み懸命に作業を繰り返し続けて居ました。 不思議なのは観察中一度も雄が来ず、雌が単独で巣造りしていることです。巣造りは普通番の協同作業と思われ…
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1519)-トラフズク、孵ったばかりの雛。

営巣中の番のトラフズクです。 雌がいる巣では孵ったばかりの雛の頭が少し見えるだけで容姿は分かりませんでした。傍の小枝にいる雄は虎模様の羽と頭の尖った耳が目立ちます。兎に角日中は動かないので単調な画像になりました。 因みに卵から孵った雛は23,24日ほどで巣立ちするようですので恐らく今月末頃には巣立ちすると思います。参考までに昨年同じ…
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1618)-コウノトリ「歌」、飛ぶ姿

自由奔放(?)に動き廻る母鳥「歌」は、雛の世話を父鳥「ひかり」に任せて巣の周辺の沼地で餌を漁りながらあちらこちら歩き廻る行動派のコウノトリです。  遠くの沼で遊んでいたのが急に近くで暫し飛び廻り、ほんの数十秒でしたが全長が約1m強、翼開長約2m弱のコウノトリのゆっくりした優雅な飛ぶ姿を堪能出来ました。最後は頭上を越えて何処かに飛び去り…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1517)ーコウノトリ「ひかる」、雛の見守り

父鳥は「ひかる」4歳、母鳥は「歌」2歳と命名されたコウノトリ、この地で今年の3月より一緒に行動し5月の始めに産卵し今月に入って孵った様です。東日本で初めて自然の環境での繁殖だと報じられました。 広大な沼地周辺には高温で陽炎が立ち、又観察場所から約200mもあろうかと思える遠い鉄柱の上に営巣してます。中には未だ孵った直後らしくハッキリ見…
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1516)-サンコウチョウ、更に強敵に

巣はほゞ完成に近く高い木の小枝にシッカリ取り付いた状態でいつでも抱卵できる様に見えました。 しかし、この日は近くで鳴き声を聞くだけで殆ど巣には飛来せず。場所を変え待機しました。長い待ちの間に一瞬目にしたワンチャンスで撮れたのがこのカットだけでした。更に強敵になりました。 ブログ画像をクリッ…
コメント:2

続きを読むread more

6月の満月(ストロベリームーン)

先月は願を込めたフラワームーンでしたが、今月6月の満月はストロベリームーンと言われてます。 この満月には恋愛運の他に金運を上げたり幸運を運ぶパワーもある様です。この幸運を味方にコロナーウイルスに早く打ち勝てればと思います。 今月の花(appendix): 庭に咲いてる一重咲きのくちなしの花 ブログ画像をクリ…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1515)-キビタキ、唄う姿

胸の鮮やかな黄色のキビタキ雄がしきりに嘴を上に向けて思い切り鳴く姿を観察・撮影出来ました。 高い木の梢から聞こて来るキビタキ雄の大きくて明瞭な声は断然目立ちます。辛抱強く待っていると梢の間を活発に動き回わりながら時々近くで唄う姿を披露してくれました。 ブログ画像をクリックすると大きなサ…
コメント:2

続きを読むread more

カワセミ(248)-お池でお遊び

緊急事態宣言が解除され後、各自治体のガイドで従い注意しながら徐々に日常に戻そうとしてますが、依然としてコロナの感染威嚇は消えてません。 そんな中鳥撮りもなかなか思い切った行動が出来ず近場のカワセミと遊びながら次の狙いを決めて行こうかと考える毎日です。 写真はカワセミとの遊びの一端です。 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1514)-サンコウチョウ、長い尾と青い目の強敵

今年は比較的見やすい場所に巣造りをしています。それでも遠く高い木の枝にあり殆ど教わらないと分からない場所で撮影する上の難儀さは例年と変わらないです。 青い目で雄は長い尾羽が特徴ですが、今回観察した雄はそれ程長くはなかったです。そんな番が懸命に巣材を運び巣造りも最終段階に入った様に見え巣が完全に乾き切った後抱卵に入るものと思われます。 …
コメント:2

続きを読むread more

カワセミ(247)-巣立ちの一番子!!

外出自粛の中カワセミ一番子の巣立ち日を気にしておりましたが例年通り今月の23日の早朝巣立ちしました。 緊急事態宣言の解除日の前日25日に見に行きました。三蜜を懸念しましたがCMは少なくその上到着早々親鳥の給餌もあり極く短い滞在で引き揚げられました。 人間社会はコロナで大変ですが、カワセミは問題なく日常を送ってる様です。 巣立ちした…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1513)-カッコウ 幼鳥、托卵飼育!!

先日早朝の散歩の折保護樹林で突然「カッコー」と鳴き声を聞きました。今年初めてのカッコーです。清々しい気分になります。 以来朝の早い内に遠くで毎朝聞こえてきますが、未だ近くでは姿を見かけません。 カッコウと言えば、他種に卵を托卵し子孫をのこす習性があります。カッコウが他の鳥に托卵するのは体温変動が大きい傾向があるため、体温変動の少…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1512)-サンコウチョウ、暗い森の手強い住人

遠くて暗い杉林の中を行き来するサンコウチョウの撮影は毎度厳しいです。過去写真から。 ホイッ・・・ホイッ・・・ホイッとの声で目を凝らして見ても杉林が密集していてなかなか見つけられず、必死に探し場所を確認し撮影するっていう感じ、こんなことの繰り返しで気の入った写真は撮れません。いつも落ち込みます。 それでも挑戦を止められない魅力的なサン…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1511)-コマドリ&コルリ、5月の憧れ

5月と言えば深山に三鳴鳥の一つであるコマドリの馬の嘶きに似た鳴き声が思い出されます。 今年は越境での訪問を控えてるため撮り貯めた過去写真から同地で観察した青い鳥コルリと合わせ思い出してみました。 コマドリは姿もさることながら「ヒンカラカラカラカラ・・・」とおどろくほど力強くブナ林にこだまする鳴き声は山登りで疲れた身体をいっきに癒…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1510)-モズの雛、巣立ちを想い

今季も気になるのがこれから出会えるだろう野鳥達の雛の巣立ちです。毎年カワセミ初め何組か観察・撮影してますが、今年は出来そうもありません。 取り分け先年モズの親鳥が懸命に採餌し雛に給餌する場面に始めて出逢え懸命に撮影したことを覚えています。普段から良く目にするモズですが、親子の姿は貴重です。 今年も同じ幸せなシーンがあっただろうと過去…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1509)-ワカケホセインインコの群れ、突然頭上に

外出自粛で在宅が多い中、突然甲高い鳴き声が響き渡り何かと外に出て観ると電線に5,6羽小集団のワカケホセインインコ雄雌が止まって休んでいました。 兼ねてより周辺を飛び廻ってることは分かってましたが、いきなり頭上に飛んで来ました。 ワカケホンセイインコは,東南アジアに生息するホンセイインコの一種で体長は約40cm、首の周りに黒い輪がある…
コメント:2

続きを読むread more

花(66)-キンラン、シャガなど、散策の間に

外出自粛で遠出することがない日が約40日以上になりました。 その間近くを散策し保護樹林に咲いたキンラン、ギンランを、又家のツツジ、ジュウニヒトエの花など身近に季節を感じる花を楽しみ過ごしております。まだまだ続きそうです。 そんな花の数々です。 キンラン ギンラン シャガ ジュウニヒトエ …
コメント:2

続きを読むread more

カワセミ(245)-飛びもの撮影(Appendix 2)

桜絡みのカワセミ以外に飛びものも撮影しました。 池の端にあるガマの花が結実し綿毛の付いたところに時々カワセミが止まります。 そのガマの先に止まる際不安定な場所なので羽を一杯広げて恰もホバリングをするような恰好で止まる様子が面白く撮ってみました。 ブログ画像…
コメント:4

続きを読むread more

カワセミ(244)ー桜カワセミ(Appendix)

先日の降雪とその後の雨で満開だった桜も散り始めもう少し楽しみかった桜カワセミも観れなくなりました。 満開だった時のカワセミの桜絡みの飛び出しと番の出会いを含め追加してアップします。 ブログ画像をクリックすると大きなサイズの画像をご覧になれます。 You can see the…
コメント:2

続きを読むread more

カワセミ(243)ー満開の桜と

時々飛来していたカワセミ雄が珍しく長居しそこの満開直前の桜に時々止まり桜カワセミとして楽しませてくれてます。 それでも桜にはなかなか良い処には止まってくれませんが、先日の暖かい日少し粘って撮影しました。降雪前の撮影で良かったです。 ブログ画像をクリックすると大きなサイズの画像をご覧…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1508)-キレンジャク、2年振りの出会い

今季は久しぶりにレンジャクが多く、期待していたキレンジャクとも出会えました。 珍しいことに飛来した7羽が全てキレンジャクでした。広い園内のあちらこちらにある柳の若芽やキズタの実などを主に渡りの前に十分に体力をつけるため懸命に食していました。 ブログ画像をクリックすると大きな…
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1507)-イカル、そろそろお別れ!

残り僅かな楓の枯れ葉をイカル5羽が啄んでいました。 最初1羽で飛んで来ましたが、気が付かないうちに5羽が揃い枝伝いに暫くいました。しかし、残念ながらその中にはコイカルはいなかったです。 近距離でほぼノートリです。 ブログ画像をクリックすると大きなサイズの画像をご覧になれます。 …
コメント:2

続きを読むread more

カワセミ(242)-そろそろお相手を!

久々に地元の小さな池のカワセミを見に行きました。 この池には時々飛来するカワセミの雄がいますが、桜が開花する今の時期雄雌が揃い番になるのを期待してるところです。そんな期待をしながら現在は監視中です。 何時もの様に飛び廻りながら餌を探してるのを眺めてると突然のホバリング、しかし探したものの餌が見当たらず途中でホバリングを止め元の枝に戻…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1506)-オオカラモズ、止まり&飛翔③

モズ類は木などの天辺に止まる習性があり比較的動きを観察できますが、特にオオカラモズは過眼線が黒く肩羽の初列風切りと次列風切りの基部が目立って白いので飛んで遠くに止まってもすぐにその位置を確認できました。 ブログ画像をクリックすると大きなサイズの画像をご覧になれます。 You can…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1505)-ニュウナイスズメ、花車も!

地味な色合いのニュウナイスズメの雌は1羽来ていましたが撮影に至らず、撮影できたのは雄だけになりました。 その雄の中に花車の上手な子が1羽いて巧みな花車を見せてくれました。    ブログ画像をクリックすると大きなサイズの画像をご覧になれます。 You can see the larger…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1504)-オオカラモズ、餌を咥えて②

オオカラモズの餌は主にネズミ類を採食し、他に鳥類や昆虫などもとるそうです。 今回の観察中何回も田んぼに飛び降り地上で採餌しました。遠くて詳しくは何をとったかわからなかったが、何かを咥えて枯れ草木に飛び上がる処を目撃しました。画像をトリミングしてみたところカエルらしきものでした。 画的には少しリアルですが、オオカラモズの野生の一端を観…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1503)-ニュウナイスズメ、安行桜絡みで!

花は小さいがほんのりとやわらかいピンク色の満開の安行桜に4,5羽が頻繁に飛んで来ました。 昨年は近くの別の場所で待ちましたが飛来せず残念ながら引き揚げました。ところが後で近くのこの場所に飛来していたことを知り今年は聞いた場所で待ちました。そこで2年振りのニュウナイスズメをほぼ満開の桜絡みで撮影出来ました。 大きさはスズメと同じかやや…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1502)-オオカラモズ、 レアなモズ①

広大な田んぼの中を餌を求めてあちらこちら、そのたびに場所を変え撮影しなければなりません。その上撮影距離は平均して40,50mあり可なり強敵でした。 普通のモズより約10㎝程大きく31cm、動きはモズと同じで高い位置に尾羽を上下させながら直立し止まり,時に低空飛行をし地上の獲物を探します。 そんな活発に動き回る動きの一端を撮影しました…
コメント:2

続きを読むread more

カワセミ(241)-ホバリング!

公園の小さな池にカワセミが戻ってきました。久しぶりの出逢いです。 番にはまだなってない様ですが、訪れた日にはメスが居て時々餌を捕りに飛んで来ました。 飛び込みなどを狙い撮影を試むも久しぶりなので速さについていけなかったが、何とか少しピンぼけなホバリングを連写出来ました。 …
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1501)-メジロ、河津桜絡みで

河津桜が例年よりも早く開花、今や葉を交え満開に咲き誇ってます。 桜といえば蜜を求めてメジロが飛来します。桜の花が被ってスンナリ撮れませんが、矢張り可愛く優しい鳴き声に惹かれてカメラを向けてしまいます。 開花始めのものから近々の様子です。 ブログ画像をクリックすると大きなサ…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1500)-チョウゲンボウ、春近い!

今年も戻って来ていて既にぺアリングが2組できてる様でした。しかし、当日の短時間の観察では雄が一度ちょっと飛来しただけ、その後は雌が餌を自己調達し構築物の上で食する以外木止まりもなく目立った動きありませんでした。 従って、単調な動きだけでしたが何とか飛翔写真だけは撮れました。これからが楽しみです。 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1499)-ヒレンジャク、少ない飛来

今が旬のヒレンジャクです。 各地に飛来してますが、こちらにも2年ぶりに観察できました、しかし、例年と違い数が少ないです。餌のヤドリギの実が少なくまた成熟も今一つで、これが影響してるのかも・・。 撮影のカットも少なく証拠写真です。 ブログ画像をクリックすると大きなサイズの画像をご覧にな…
コメント:2

続きを読むread more