庭園紅葉ー国分寺「殿ケ谷庭園」,湧水の庭

国の名勝として指定されている「殿ケ谷庭園」に紅葉を見に行きました。 この庭園は武蔵野段丘の南緑の「国分寺崖線」と呼ぶ段丘崖とその下端部付近の礫層から侵出湧水を利用し、雑木林の風致を生かして岩崎弥太郎が完成させた回遊式庭園です。 庭園の段丘上には芝生地があり洋風庭園があり、崖線の傾斜面はアカマツ・モミジ・竹林・クマザサでおわれ、崖線下…
コメント:2

続きを読むread more

カワセミ(283)ー久し振りの撮影

カワセミ池で久し振りにカワセミを撮影しました。 このカワセミ池では数日前まで縄張り争いで激しいバトルがあった様です。残ったカワセミが撮影対象となりましたが、当日は出が悪く期待のホバリングは1回のみ、そのワンチャンスは残念ながらホールド出来ず、止まった処から飛び込みと横飛びだけを辛うじてGETしました。 次回は長めのレンズで挑戦しても…
コメント:2

続きを読むread more

皆既月食&天王星食、442年ぶりの天体ショー

昨夜は442年ぶりの皆既月食と天王星食が同時に観察できる貴重な天体ショーがありました。 天王星(左下に撮れてました)の潜入は撮れませんでしたが、本命の皆既月食は約86分の長時間楽しめました。 次に日本で皆既月食が見れるのは、約3年後の2025年9月8日となるとのことです。 皆既月食前の満月(17:45) 部分食の…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1715)-オシドリ、小さな池の人気者!

今季も10月14日に戻って来たオシドリ雄、今季で7年目になります。 戻って来ても時々留守をします。戻ってきた翌日にも早速居なくなり2、3日程して戻って来ましたが、お仲間の処に一時行っていたのでしょうか。 こんなオシドリですが、池に居ると安心します。訪れる人々に癒しをくれる人気者です。 来年の渡りの時期までユックリしていってください…
コメント:2

続きを読むread more

カワセミ(282)-小さな池の人気者!!

近くの小さな池に暫くご無沙汰していたカワセミが戻ってました。 今回は飛翔やホバリングなど恰好良いパホーマンスはなく只止まりものだけの撮影となりましたが、色合いから成鳥ではなく綺麗な若鳥の雌の様に見えました。時々飛来する様なのでこれからの動きに期待を膨らましたいものです。 Appendi…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1714)-ミサゴ、落ち鮎を求めて!

10月に入り落ち鮎を求めて川にミサゴが集まって来ました。 川には3羽のミサゴが飛来し、入れ替わり立ち代わり河川上空を旋回、ホバリングを繰り返しながら狙いの魚を狙い川中に飛び込みます。 残念ながら豪快な飛び込みは雑草に邪魔され観れなかったですが大きな獲物を足で掴みながら飛翔するのを観察出来ました。 空抜けながら久しぶりのミサゴ撮影を…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1713)-エゾビタキ、クマノミズキ食堂に!!

ミズキの実に集まる渡りのエゾビタキの様子を見てきました。 実が一杯なる枝にパラパラと飛来、しかし大きなミズキなので中に潜るため思う様な姿では撮れなかったですが季節の鳥を撮影出来てよかったです。エゾビタキの中にはキビタキも飛来しました。 超久し振りの鳥撮りでカメラの設定に戸惑いましたがカメラのシャッター音が心地良く1日過ごせたのが何よ…
コメント:2

続きを読むread more

10月の満月(65)-ハンターズムーン

今夜10月の満月を観察出来ました。アメリカの農事歴では「ハンターズムーン」と言われてるそうです。 朝からの雨で観れるかどうか懸念しましたが、薄雲が少しあったものの綺麗な満月を幸い観れました。次は十三夜、十五夜と満月を見れますが、今夜の十日夜と合わせて「三月見(さんみつき)」と呼ばれ、縁起が良いとされいて十三夜と十五夜のどちらかだけ月を…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1712)-コウラウン(紅羅雲)-一瞬の再会でした!

今月初めに一寸変わった綺麗な鳴き声と見た事がない姿でその存在を確認できましたが、その後早朝の鳴き声だけで再確認が出来ないでいました。 処が、初見・初出会いから10日過ぎた頃の早朝鳴き声で起こされ、急いでカメラを持ち出し探したところ前に止まっていた同じアンテナで確認、暫くして前の空き地の柿の木に移動しました。 葉隠れでしたが特徴ある頭…
コメント:3

続きを読むread more

野鳥(1711)-珍鳥、その名はコウラウン(紅羅雲)

2,3日前から聞いたことのない鳴き声がするので家の周辺を注意し見廻るも見当たらず「何だろう」と済ませていました。 処が決まって早朝鳴き声がするので数日の間再度注意して見廻ると遠くの家のアンテナにそれらしき鳴き声の主を見付ける事が出来ました。遠くてやや逆光気味でしたがカメラを持ち出し撮ってみました。念のためとは言え、撮れた写真は可なり画…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1710)-カイツブリ、巣立ちを終えて

カワセミ池に営巣したカイツブリ、久し振りに雛の成長を観に行きました。 前回は未だ巣の中で給餌をされてましが、今回は巣から離れ親鳥の後を追いながら給餌さるほどに大きくなったいました。更に4羽の中の一番先に生まれた雛1羽は自分で水中の餌を探しまわり完全に自立していました。親鳥を追いかける雛達も時々親鳥に突かれ追い出しをうけてるので、この池…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1709)-カイツブリ、雛4羽誕生

第一子が誕生してから2日後には2羽が昨日残りの1羽が孵り全て4羽が揃いました。 未だ巣から離れることなく親鳥の背の中で給餌を受けてます。巣から落ちたりしますが頑張って攀じ登ります。頑張ってます。 そんな幼鳥4羽を動画と入れて観察・撮影しました。 ループ動画:カイツブリ 雛4羽 …
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1708)-カイツブリ、初めての営巣

時々飛来するカワセミ以外特に目立った野鳥が居ない公園の池に珍しくカイツブリの番が巣造りをしました。 巣造りを始め抱卵して約1ケ月、昨日其の一個が孵りました。 未だ3個の卵が孵るまで抱卵が続きますが、番で懸命に世話をしてますので今後の展開が楽しみです。 巣に居ながら寄ってきたシオカラトンボを捕り食べていま…
コメント:2

続きを読むread more

令和四年 暑中お見舞い

暑中お見舞い申し上げます。 短い梅雨が明けいきなり本格的な暑い夏となりました。 加えてコロナも新種が猛威をふるい4月以来の再拡大傾向、ますます過ぎし難い日々が予想されます。 皆様方にお於かれましては十分気を付けお過ごしくださいませ。
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1707)-ツミの幼鳥たち、間もなく独り立ちです。

先週観察したツミの雛です。 一週間経って観た雛は5羽全て順調に育ち巣から出て時々傍の枝でお休み、給餌タイムには巣に戻っていました。 未だ移動距離は巣から1m強ですが、それぞれ幼鳥は驚くほど早く大きくなり来週には独り立し、お別れの時がくるのではないかと思いす。 Appeddix:ツミの…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1706)-ツミ、子育て真っ最中です。

5月初旬見かけたツミの番が今月初め雛を孵しました。 そろそろ巣立ちではないかと見に行きましたが未だ巣で給餌をされていて羽ばたきの練習をしていました。 約2時間に一度の給餌です。餌渡しの場所で待機したものに渡しの瞬間は速すぎて観察だけでした。 5羽の雛が間もなく巣立ちする、その成長が楽しみです。   …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1705)-クロツグミ、珍しく近くの林に

クロツグミが珍しく市街地の小さな保護樹林保護地区に住み着き雛が誕生しました。何回か挑戦するも綺麗な鳴き声だけ,姿を確認出来ず3回目にしてようやく確認出来ました。それまでには桑の実を食べにくる葉隠れの姿を垣間見たり、又猫に雛が襲われた雛の不幸な姿に出会ったりでなかなかスッキリ確認出来ませんでしたが、雛が巣立ちした後給餌で降りてきた僅かな時…
コメント:2

続きを読むread more

カワセミ(281)ー若鳥 餌取はまだまだ?

カワセミ 若鳥が親鳥から独立し自力で餌を探しにやってきました。 少し前まで給餌されていた池に飛来し索餌するもまだまだ十分な餌は捕れず池から流れる細い流れの中の小魚など食してる様です。 これから池の魚を食するようになれ時々飛来してくれると良いのですが・・・。 池デビユーの止まり写真です。 …
コメント:2

続きを読むread more

カワセミ(280)、子離れの時期です!!

先日早や梅雨入りの発表がありました。 この時季は例年カワセミの一番子が観察できる時期ですが、今年も近くの池で一番子の知らせがあり訪問しました。梅雨入り前の晴れた朝今季初めてのカワセミの一番子、3羽の内のⅠ羽が親鳥からに餌を待って居る処を観察・撮影出来ました。 池に飛来したカワセミの1番子は既に親からは餌を貰えない程に成長していました…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1704)-ツミ、直ぐに飛び去りました。

今季初のツミ雄です。 CMが居ない公園で待つこと小一時間、木の葉が茂る高い木立ちの中から鋭く響き渡る鳴き声でその姿を確認出来ました。相方は見れず。 この時期ツミ雄は索餌の為姿を観れるタイミングは少ないですが運よく戻って来たところに出会った様です。しかし直ぐに飛び去りました。 巣の所在は分からなったですが近くで営巣中と思われるので邪魔…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1703)-チョウゲンボウ、地上に降りました。

雄から餌を受けた後巣に戻る前に砂浴びに時々地上に降ります。 一日中巣に中で卵を温め動くのは雄から餌をもらう時だけ時には体を動かし休みたい、これから約2週間雛が孵るまで辛抱が続く毎日です。 今回は降りては来たものの人気を察し直ぐに飛び去ってしまい砂浴びは出来ませんでした。証拠写真です。 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1702)-コアジサシ、絶滅危惧種!

久しぶりにコアジサシの切れのある飛翔写真に挑戦しました。 速や過ぎて上手くキャッチできずシャッターの無駄押しが多く失敗した中での一連の飛翔写真です。 残念ながら飛び込みの場所の予測出来ず、次回に再挑戦します。 日本で繁殖するコアジサシが多摩川沿いを繁殖地として渡来しますが…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1701)-コアジサシ、サッソウと飛ぶ。

遥々ユーラシア大陸から渡来したコアジサシ、3年ぶりに再会出来ました。 快晴の青空に真っ白い羽を広げ飛ぶ様は切れがあり魅力的な初夏の野鳥です。ようやく完全に春が去り初夏を実感します。 しかし、川の状況が大きく変わり、川の中の中州が無くなり毎年ここで子育てしていた場所がなくなり採餌の為にだけ飛来する場所になった様に思えます。そのためなの…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1700)-オオルリ、美声に誘われて

青葉が目に染みる時期、それと共にやってくる美声の持ち主オオルリを探しに行きました。 例年高い高い木の上で縄張り宣言中のオオルリが今季も鳴いていました。これほどハッキリ所在が分かるほどに鳴くオオルリは探鳥するには簡単で良いですが、何せ高い木の上撮影には苦労します。 トリミングをしたため綺麗な瑠璃色が出せず残念ですが、今季の初撮りとなり…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1699)-モズ、八重桜 関山の絡んで

葉桜が散りコムクドリが去った後毎年その近くでモズが子育てをしています。 親鳥が巣に餌を時々運び込む動きも観察できますが、訪問の目的は運ぶ際傍の八重桜 関山に止まるのを狙い桜とのコラボを撮影することです。 関山の花は少し盛りを過ぎた感がしたものの濃いピンク色の大輪で止まったモズが映えて見えました。。 今回は番外に雛の巣立ちも一瞬観察…
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1698)-コムクドリ、葉桜の頃に

毎年桜が散り葉桜になる頃必ずやってくるのがコムクドリです。 今年も違わず毎年15日過ぎに飛来しました。曇天の日だったので冴えない画となりましたが、早朝伺うと早速雄雌が数羽交互に相手をしてくれてました。 相変わらず動きが速くて合わせるのに苦労しましたが何とか撮影出来ました。 A…
コメント:2

続きを読むread more

カワセミ(279)-餌運び、水浴び、お休み

抱卵後の動きのない中でワンチャンス少し動きがありました。 餌を運んで来るも相手が現れず自分で食し、水浴びをしました。少し経ってから雌が飛来したが今度は雄が居ずモミジの木で一休みし飛び去りました。 営巣場所が近くはない様でお互いの動きが分からずちぐはぐな動きをしてます。息が合うには少し時間が必要に思える番でした。 来月ヒナの誕生する…
コメント:0

続きを読むread more

カワセミ(278)-既に抱卵が始まったのかな?

3月末に訪れた時には求愛給餌があり活動期に入った良い動きを観察出来ました。 その後の動きを観るために訪問しましたが、生憎当日は番の動きは皆無水浴びを観察するだけ全く期待した動きはありませんでした。 抱卵が始まった可能性が考えられます。撮影出来たのは定番だけど雄の水浴び後の飛び上がりだけです。        …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1697)-ワカケホセインインコ、多くなりました。

狙いの野鳥が姿を見せない中園内で鋭い鳴き声をあげ花が散り寂しくなった桜に飛来しました。 近年更に多く目にする野生化したワカケホセインインコです。傍の木に2個の巣穴があり時々顔を出し外の様子を覗ってます。 桜の残った蕾を漁ったり、時々巣穴から出て給餌を受ける様子を観察しました。 因みに狙いの野鳥は残念ながら終日姿を観ることが出来ませ…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1696)-チョウゲンボウ、抱卵開始か?

訪れた前日までオスメスともそれぞれが餌を独自で捕っていたが、訪問時にはサッパリ動きがなく雌は巣穴から遠くには出ず相方からの給餌待ちだけで動きは殆どなくなっていました。抱卵に入ったと考えられます。 したがって雄の給餌待ちの雌の動きを撮影するだけになりましたが、来たる抱卵明けの雛誕生を期待し待ちたいと思います。 餌を貰い食する場所に…
コメント:2

続きを読むread more

カワセミ(277)-飛び上がり

雄の給餌待ちの間巣造りで汚れた身体を飛び込んで綺麗にします。 まだまだ巣造り途中でこれからしばらく巣造りに集中することでしょう。 何回か飛び込みましたが、手持撮影でなかなかタイミングが合わず辛うじて撮影したものです。 Appendix:満開の桜通り(3/30) ブロ…
コメント:2

続きを読むread more

カワセミ(276)ー求愛給餌!!

ようやく期待したカワセミの動きが活発になって来たようです。 雌カワが餌を求めて可愛い鳴き声で雄を呼ぶ回数が多くなって来ました。それに反応し活発に餌取に励む雄カワが見られます。 巣造りの場所と思われる所への出入りも何回か見受けられました。 求愛給餌もあり今後巣造りも加速されることでしょう。 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1695)-コミミズク、動きがない!

木の葉の中でお休み中のコミミズク、周辺で他2羽の存在を確認出来ました。 陽の高い日中は殆ど寝ていたり休んでいて動きがありません。従って同じような画像になってますので参考まに動画で撮影しました。 ほんの少し動きのあるものになってます。                                               …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1694)-メジロ、桜の木に!

桜にメジロ、定番ですが狙いの野鳥の前に花見をかねて撮影しました。 メジロたちは花から花へと忙しく飛び回りながら蜜を吸っています。メジロのくちばしは細長く,その舌も蜜を吸うのに適した形になっているようです。 寒い時期にはふっくら丸くなっていることが多いですが、桜開花の時期には気温が上がってスマートになつて可愛く見えます。 綺麗な桜の…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1691)-チョウゲンボウ、今季も元気に!

チョウゲンボウの活動期に入りその様子を見に行きました。 現地の話では今の処雄1羽、雌2羽が存在していて、未だその動きは時々雌が域内を動き回る程度で期待したほどでのシャッターチャンスはなかったったものの今後期待できる兆しは十分に感じることが出来ました。 訪問当日の様子を少しアップします。 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1690)-オオタカ、風格がありますね!

都市に順応し公園で繁殖を繰り返すオオタカです。 今年も巣造りを始め今懸命に作業を始めていて営巣も間近いものと思われます。 当日は定位置で雌がゆっくりとお休みで殆ど動きはなく止まりもののみの観察でしたがこれからの展開を楽しみにしたいです。 飛び出しそうで飛び出さない一コマです。 Ap…
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1689)-ベニマシコ、強敵な雄!!

尾の長い赤い野鳥ベニマシコが河川敷きのイノコズチに飛来しました。 枯れ雑木の重なる上に暫く止まって雑草の種子を食しました。場所が悪く動いてようやくその存在が分かるほど難しい場所でしたが正に真っ赤な美しい雄でした。昨今の暖かい日が続くと渡りも近いことでしょう。 Appendix:同日観察…
コメント:2

続きを読むread more

カワセミ(275)-春も間近い?

暖かくなり桜の蕾も大分膨らんで春到来を感じるこの頃です。 近くの池ではカワセミの雄雌が揃いそろそろ活動期を迎え期待が大きく膨らみます。番が出来る予感がありますが未だ給餌行為は認められません。それでも時々採餌後給餌の為雄雌並ぶことがあります。 ブログ画像をクリックすると大きな…
コメント:2

続きを読むread more