野鳥(1615)ーモズ、桜絡みで

毎年この頃桜が咲くころになると複数の番が子育てで集まります。 今年もどうやら2組の番が営巣してる様で雛が鳴き声を上げ親鳥からの給餌を待ってます。親鳥、特に雄親が頻繁に給餌をするために巣に飛んで来ます。 そんな中傍のの八重桜に止まるのを狙い撮影してみました。 早くもモズ雛1羽が巣立ちし親鳥からの餌を待って…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1614)ーコムクドリ、今季初撮り

例年の通り桜の散る頃に飛来するコムクドリです。 今季の初出会いは2,3羽が最初で偵察組なのか、数は少な目でした。撮影チャンスは少なく、又葉被りばかりで良い撮影は出来ず終いでしたが、先ずは今季の初撮りで今後が楽しみです。 ブログ画像をクリックすると大きなサイズの画像をご覧になれます。 You …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1613)ーカワガラス、久し振り

狙いの野鳥が見つからず、帰り間際に偶然カワガラスに出会えました。 カワガラスが2羽、水に潜りながら川底の水生昆虫などを捕ってます。みずがきがないのに水の中に潜る姿は珍しく暫し観察すると嘴に何かを咥えて上がって来ました。 繁殖を年の早めに迎えるカワガラスが今になって巣造りのための巣材なのか雛への餌なのか巣らしき穴に入っていきました。2…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1612)ーマヒワ、下りて来ない

約40羽位のマヒワの群れが欅の新芽を求め飛来しました。 しかし、高い欅から下りてこず、待ち場所の水場で待つも更に高い欅に移動、そんなマヒワです。 手持ちのレンズでは遠すぎて解像しない画像となりました。 Appendix:石楠花 ブログ画像をクリックすると大きなサイズの画…
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1611)ーエナガ、巣材集め

小さい体に長い尾をもつ小鳥、何時も可愛い仕草で和ませてくれるエナガです。 今は何処に巣を造ってるのか分からないですが、番で巣造りの為足元の植え込みや芝生で懸命に巣材を集めてます。 巣造りの材料は主に小鳥の羽毛や木に付いたコケを密着させる蜘蛛の糸等でつくり中は恐らくフワフワの柔らかで暖かい巣になることでしょう。出来れば雛が出て団子状態…
コメント:2

続きを読むread more

カワセミ(260)ー桜絡みで

地元を離れ満開の桜絡みのカワセミを撮影しに行きました。 サクラはほゞ満開で美しく咲いていました。しかし、肝心のカワセミはなかなか近くに飛来せず、ほんの一回きりの飛来、何とかサクラカワセミを撮ることが出来ました。何処かで巣穴堀りをしてるのでしょうか、嘴が土で汚れていました。そんな時期でもありますね。 カワセミのブルーと桜のピンク色が綺…
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1610)ーオナガ、新緑に絡んで

3月に満開になった桜に続き周辺の緑も徐々に新芽が吹き緑が多くなって来ました。 新緑の公園の中エナガの小集団が池の周辺の木々を飛び廻り楽しませてくれますした。 先ずは新芽のイロハモミジに中に細かい枝が邪魔しましたが生き生きした新芽の緑がオナガを綺麗に演出してくれました。 葉桜への飛び出し。(近すぎ) …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1609)ーチョウゲンボウ、残念なホバリング!

広い河畔の上空で一度二度チョウゲンボウのホバリングがありました。 左前方から飛来し過ぎたところでホバリングをしました。 しかし生憎真正面からの風向きの為後ろ向きのホバリングとなり正面向きは撮影出来ず、残念な証拠撮影となりましたが、ノスリなど野鳥飛翔の連続撮影を楽しんだ日となりました。 …
コメント:4

続きを読むread more

令和三年三月の満月、「ワームムーン(Worm Moon 芋虫月)」

3月の満月は「ワームムーン」(Worm Moon 芋虫月)と呼ばれてます。 実際の満月は30日に日付けが変わる深夜の3時48分に一番大きな月になるそうです。昨夜からの豪雨で今日の天気が心配で観れないのではと思いましたが、幸い少し薄い雲がかかる程度で夜9時15分頃観察・撮影出来ました。 毎度観る満月は同じですが、月毎に名前を付けてます…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1608)ージョウビタキ、又戻って来て!!

既に里に戻ってると思われたジョウビタキが未だいました。 ロマンスグレーの綺麗な雄が縄張りを楽しむかのように定期的に巡回、元気に動き回ってました。期待してない現場だったので姿を見つけた時にはこれが今季最後だと思いながら撮影をしました。 定番の冬鳥ですが又戻って来て欲しいですね。 Appen…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1607)ーノスリ、強風に逆らって(2)

強風に逆らって(1)の続編です。 強い風で狙いの鳥の出が望み薄のまま待機する中ノスリだけは良く飛翔しました。 暇を持て余しノスリの飛翔を狙い連続撮影することにしました。動画をも考えましたが風の揺れもあり高速連続撮影で撮ってみましたがブレました。9連写です。 …
コメント:2

続きを読むread more

カワセミ(259)ーペアリングはもう少し先?

カワセミ川にこの春の動きを見に行きました。 カワセミのオスメスは川の同流域を活動の場とし動き回ってますが、まだお互い牽制し合っていて横並びは観察できない状態でした。訪問時にはそれぞれが餌を捕り雄の求愛給餌行為もない状態、ペアリング成立には後しばらく時間がかかる様に見えました。 ボケ連発の水浴びをアップします。 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥 (1606)ーヒレンジャク、そろそろ旅立?

ヒレンジャクが5,6羽の群れで竜のヒゲの実がなる処に集まってました。 残念ながら木から下りて竜のヒゲの実を食べますが草被りで綺麗には撮れず木止まりのみの撮影になりました。今回が今季のヒレンジャク最後の撮影です。 群れの中にはキレンジャクはいなかった様です。 ブログ…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1605)ーベニマシコ、今が旬の色!!

柳にベニマシコが飛来、懸命に新芽を食べてます。 可なり綺麗な紅色になった雄、それに全体に淡黄褐色の雌も見栄えがする今、旬のベニマシコになりました。。 当日は風が強くしなやかに伸びた柳の枝が揺れ飛来したベニマシコも落ちついて餌をとれず直ぐに移動、又それを撮影するのもブレ気味で苦労の連続でした。 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1604)ーお池の別れと再会

街中の小さな池でも春を迎えお別れと再会があります。 この冬近くで遊んでくれたジョウビタキとオシドリ、先日久し振りの訪問でしたが元気に出迎えてくれました。オシドリは時々が留守をして心配をしましたが戻って来てはその美しい姿で楽しませてくれました。アイドルの存在は元気をくれます。 又稀なクイナとの出会いもありました。 しかし、それも暖…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1603)ーマヒワ、今季初撮り

マヒワの雌2羽が高い枯れ木に暫く止まるも逆光気味の厳しい撮影となりました。 頭と喉が黒い雄を期待しましたが、飛来するも撮影出来ず残念ながら雌のみで期待外れ。 何時もなら沢山のマヒワに出会えるのですが、今季は外出の制約もありこの程度で今季の初撮り、出会えただけでも良しとしなければなりませんね。 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1602)ーノスリ、強風に逆らって(1)

当日は風が強く狙いの野鳥の出は殆ど望めないまま時間だけが過ぎましたが、その間河川の土手に再三ノスリが強風を避け飛来しました。 そんな中枯れ木に止まるノスリの飛び出しを土手の菜の花を背景に撮影しましたが、風で体が揺れピント合わせに苦労しました。 ピント甘の飛び出しの6連続写真です。 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1601)ーメジロ、梅絡み

定番の梅絡みのメジロです。 ニシオジロビタキの桜絡みを待ちましたが、終日飛来せず待ちの間に梅に飛来したメジロを撮影しました。 Appendix:早春の花 アズマイチゲ ブログ画像をクリックすると大きなサイズの画像をご覧になれます。 You can see the l…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1600)ージョウビタキ 雌、そろそろ旅立ち?

街中の小さな池で愛嬌を振りまくジョウビタキの雌です。 池に周りの木々に人気を気にせず人馴れした動きでこれ見よがしに鳴きながら姿を見せてくれます。 昨今暖かくなりそろそろお山が恋しくなる時期になり旅立ちが近いことでしょう。又冬戻って来てください。 ブログ画像をクリックすると大き…
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1599)ークイナ、神出鬼没な!!

街中の小さな池のクイナです。 葦の中に隠れ警戒心が強く滅多に人前に姿を表わすことありません。数か月前から居るとは聞いていて毎度出会いを期待しながら訪問するも出ず、今回は全く偶然の出会いでした。 現場に着いた時には既に葦原から出没し餌を漁ってる状態でした。全くの神出鬼没なクイナです。 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1598)-タシギ、動かない

シマアジと同じ川に出没する珍しいムジセッカを見つけたが、動きが速く撮るまでに至らず途中で代りに昼寝の真っ最中のタシギを見付けました。 見つけてから約2時間を過ぎましたがお昼寝から目覚めず殆ど目を開ける事なく全く動きません。 その後起きて川中に下り暫く姿を見せてくれましたが急に飛び立ってしまい証拠程度になりました。 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1597)ーシマアジ、白い眉班

シマアジは、ユーラシア大陸北部から中部で繁殖し、冬季になると. アフリカ大陸、東南アジア、インド、パプアニューギニアなどへ南下し越冬しますが、 日本では渡りの途中に飛来する渡り鳥だそうです。ここの小川には6年目を迎え、年々眉の様な白い斑紋が目立ってくる様にみえます。 特に繁殖羽に変身した雄は美しい。 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1596)ーコミミズク、飛び出し

止まり木に飛び付いた後暫く周囲を見回し再度餌探しに畑に向け飛び出しました。 この頃は既に時刻は5時を過ぎ目視でも薄暗い畑の中最後の撮影となりました。 止まり木に止まったままでは薄暗いので周辺と同化し目視では少し見分けが難しかったが、飛び出しの際の羽の白い雨覆いが特に目立ちました。 この飛び出しが日没直前最後の撮影となりました。 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1595)-レンジャク、川岸の木立でお休み

川岸の木立に集まり時々水を飲みに川へ下りますが又直ぐに元の木立に戻り休みます。お休の間木立を少し飛び廻り僅かばかり残ったハンノキ(?)の実を咥えたりします。 そんな様子を至近距離で撮影が出来ました。セットレンズでは大き過ぎました。 ブログ画像をクリックすると大き…
コメント:4

続きを読むread more

令和三年二月の満月、「スノームーン(SNOWMOON 雪月」

恒例の毎月の満月です。 今月は降雪の多い気候に因んでSNOW MOON(雪の月)と名付けられたそうです。 大分暖かい日がありますが、それでも昨日のように10度以下の寒い日もあります。三寒四温、3月に入れば更に暖かい日が多くなり桜の開花も近いことでしょう。撮影は2月27日19:07。 コロナの緊急事態宣言が6府県で今日か…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1594)ーコミミズク、低空飛翔で止まり木に

コミミズク撮影の醍醐味は低空で眼前を飛び回る様子を観察・撮影することにあります。 撮影の一番の心配は風ですが、今回は余り風も吹かずコミミズクは自由闊達に飛翔してくれ撮影のチャンスが沢山ありました。後は索餌飛翔が夕方が多いので暗さが支障になりますが何とか感度を上げ撮影しました。因みに今回は2回目の訪問で前回は風で全く出ませんでした。 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1592)ーコミミズク、薄暮の中の飛翔

最初の飛びを撮り終え元の待機場所で2回目の出を待ちました。 時既に5時近く帰りの予定時刻になりカメラを片付け始めた直後「出たよー」の声、最早眼前を飛びぬけ畑の奥を飛び回り始めました。 慌てカメラをセットし直しましたが、最初の飛びは撮り損ね再度眼前に戻った処を狙い撮影しました。 薄暗くなる中眼前に戻って来る飛びの連続撮影です。 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1591)ーレンジャク、赤い実に群がる

自動車の往来が激しい市街地にあるクロガネモチ並木にレンジャクの群れが集まってます。 30羽から40羽の群れにはキレンジャクやヒレンジャクが混じって懸命に赤い実を食べます。壮観です。 集まり出してから日も経ちクロガネモチ上部の赤い実は殆ど食べつくされた木もあり、これだけ沢山のレンジャクに食べられては無くなるのも早いです。しかし、延々と…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1590)ーベニマシコ、食欲旺盛!

ベニマシコを待って暫し狙い通りアキニレの木に飛来、しばらく嘴で翼果の薄い紙のような翼を嘴で取り除きながら中の種を食べてます。 アキニレの木の枝にぶら下ったり背伸びしたり,又オオアワダチソウの穂先に移動などし色んな採餌する様子を見せてくれました。 ブログ画像をクリッ…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1589)ーコミミズク、今季の初撮り

待ちに待ったコミミズクが姿を表わしたのが夕刻迫る午後16時半過ぎ、しかも飛来したのは待機場所から離れた場所、急いで駆け付け手持ちで撮影することになりました。 飛来途中から2羽がバッティングし少し争う場面があるも離れ、そのうちの1羽は狩りに失敗した様で2,3回旋回し別の場所に移動しました。 旋回飛行中こちらを意識しながら目の前を飛ぶ様…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1588)ーヒレンジャク 数が少ない

今季もヒレンジャクがほゞ予定通り同じ場所に飛来したことを聞き行って見ました。 10羽近い群れが居た様ですが訪問時には2羽のみでした。只群れでの滞在には好物の宿り木の実は少なく他の場所に移動したのでしょうか。年々宿り木の実の育ちが悪くなってるのも一寸気になる処です。 枝被り状態でスッキリ撮影が出来なかったのは残念でしたが、今日は飛来を…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1587)ークロジ、意外に綺麗!

クロジは、暗い藪などにひっそり生息するのが好きなだけに余り見かけない。身体全体が灰黒色で地味な鳥です。 暗い笹薮から少し広い場所に出て餌を漁ってるのに出会いました。今まで見ていない場所だけに暫く観察してると2羽が時々出てくるガビチョウと交互に観察出来ました。 目立たない鳥と思っていましたが、こうして近くで観ると意外と綺麗な鳥ですね。…
コメント:2

続きを読むread more

カワセミ(258)ー定番の飛翔撮り

カワセミ撮影の定番ですが、止まり木から飛び込み再び止まり木に飛び上がる処を撮影しました。 飛び込みの瞬間は撮れずも羽を広げての飛び上がる様子は何とか連続で撮れました。 二、三回飛び込み小魚を狙うも獲れないと応援したくなりますね。カワセミも大変です。 今回は一回でゲットしました。お見事!! …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1586)ージョウビタキ、近くの小枝に

昨年紅葉絡みのジョピコを撮影した場所に今はジョビオが来て居ます。 鳴き声をあげながらかなり近くまで来て餌を探し可愛い姿を見せてくれますが、手持ちのレンズでは大きすぎドアップのジョピオになってしまいました。 緊急事態宣言下自由に外出出来ないこの頃撮影対象が普通種のジョウビタキと言えども鳥撮りには貴重な存在、シッカリ撮影しました。 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1585)ーエナガ、寒い中元気一杯

久しぶりの公園散歩、野鳥が意外と少なく狙いが叶わない中枯れ木にエナガが一羽飛来しました。餌探しで忙しく動く一瞬を撮影しました。 小さい身体に似合わない長い尾が可愛いです。CM誰からも愛される小鳥ですね。 好みの野鳥の一つです。 Appendix:立春の景色(:散歩道のローバイ) …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1584)ーメジロ、寒桜、春近し

寒暖差があるものの春近しを感じる日が多くなってきた様に感じます。 散歩のルートも出来れば春近しを見れる、感じる場所を選んで歩きます。何時もの農家の庭に芽吹き遠目にも綺麗な寒桜があり見惚れているとメジロが飛んで来て蜜を漁りだしました。 まだまだ蕾が膨んだ程度でしたが、蜜を求めてメジロが飛来した処に出会い、コロナで塞いだ心を解すには十分…
コメント:2

続きを読むread more

令和三年初の満月、「ウルフムーン(Wolf Moon=狼月)」

今日は昨日の寒い小雪が降った日より一転冷たい北風が吹く快晴の日でした。冴えた夜空にはクッキリとした満月が観察出来ました。 今夜の満月は令和三年最初の満月でウルフムーン(Wolf Moon=狼月)と呼ばれてます。 その呼称の由来を調べると、この呼称はアメリカ先住民の風習にあるという事です。  それによると、「厳しい冬が続く1月に、食…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1583)ーワカケホセインインコ、散歩中の野鳥

ピーピと高い鳴き声を上げながら飛ぶ数羽の鳥の群れ、近年在宅時にも聞く鳴き声です。 籠抜けし1970年代から国内に繁殖し増加してるワカケホセイインコです。コロナ禍で余り遠出出来ないこの頃、自宅の周辺や近くの緑地公園や雑木林を散歩する際に時々出会う事があります。 先日雑木林で出会うことが出来たのは黒い首輪の雄です。何処か近隣で群れで生息…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1582)ーイカル、ようやくの出会い

公園がコロナ対策で閉園になる前の撮影です。 訪問の度に探しましたがタイミングが合わず出会いがなかったイカルです。年末訪問時念の為に帰り際何時も出会える場所に立ち寄った時丁度飛来してる処に出会いました。 しかし、直ぐに 撮影を始めたものの良い場所には止まらず飛び去ってしまい、残念ながら数カットの証拠写真のみとなりました。 …
コメント:2

続きを読むread more