テーマ:寺院

寺院(11)-奈良大和四寺のみほとけ展

奈良の北東部に所在する岡寺、室生寺、長谷寺、安倍文珠院の四寺が長年保存継承して来た国宝4件、重要文化財9件を国立東京博物館で「奈良大和四寺のみほとけ」として展示公開しました。 これ等古刹の極めて魅力に富んだ仏像を以前から一度は拝観したいものと思いながら機会がなく今日に至ってました。その昔室生寺には一度訪問し金堂に安置された文珠菩薩立像…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寺院(11)ー円覚寺、「鎌倉禅林の美」展示

先月東寺の密教に関し公開された曼荼羅ワールドを見学した際、三井記念美術館で「円覚寺の至宝」展が開催されてることを知り、所要で上京したついでに立ち寄ってみました。 円覚寺は鎌倉五山第二の臨済宗円覚寺派大本山で何度も拝観したした事はありますが、今回公開された物は門外不出で何れも公開された事がない物ばかり、円覚寺を知りたい人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寺院(10)ー東寺、曼荼羅ワールド

昨年10月京都訪問時拝観した東寺講堂(訪問記(秋季公開))の立体曼荼羅が国立東京博物館で特別展として出品されたのを機に観に行きました。 訪問した日は休日だったこともあって入場するのに約40分の待ち時間が必要な程に混みあってました。 入館すると空海にまつわる密教の造形物が第1章で「空海と後七日御修法」、第2章で「真言密教の至宝…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寺院(8)-京都、豊国神社・方広寺

三十三間堂を後にしてお土産に「らくがん」京菓子の有名店に行きました。以前買ったことがあるお店でしたが豊国神社の前だったことを頼りに探し買うことがでしました。そこで折角なので未だ訪れたことがない豊国神社と方広寺を訪ねることにしました。 豊国神社は豊臣秀吉を祀っていたため、徳川幕府の時代には取り壊されていた社で明治13年(1880)に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寺院(7)-京都、三十三間堂

東山大谷廟で墓参を終えた後帰りまでに少し時間があったので近くの三十三間堂に行きました。 京都は以前も観光客が多くて市内が混んで居ましたが近年の混みようは尋常ではなく流石に身が引ける思いです。これ程になると観光どころではなく早々に帰りたいと思うようになります。 そんな想い中三十三間堂に行ったのは26年ぶりに「木造千手観音立像100…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寺院(6)-東寺塔頭 観智院 特別公開(その二)

次に向かったのは北大門脇にある観智院です。 観智院は真言宗の勧学院で、多くの傑出した学僧を輩出した学び屋だそうです。              観智院  この寺院には今回特別公開されてる五大虚空蔵菩薩を拝観するためです。菩薩像は獅子、像、馬、孔雀,迦楼羅に乗った無災増益祈願のための仏像です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寺院(5)-京都、東寺 秋季公開(その一)

大阪での用事を済ませた後夕刻墓参のため京都に入り宿泊。 翌日朝の墓参前に東寺を訪ねました その目的は、2018年秋季特別に公開されてる金堂、講堂、観智院の重要文化財の諸仏像を拝観するためでした。都度新幹線より京都の諸寺のシンボルの如く見える五重の塔の東寺をこの特別公開を機会に再度見てみたいと思い行ってきました。        …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寺院(4)-泉涌寺、塔頭今熊野観音寺

御座所庭園を見た後総門の参道沿いに並び建つ塔頭即成院と戎光院は今回はパスし、更に先の参道を周囲の深い森に包まれた静寂な雰囲気を感じながら今熊野観音寺へと歩を進めました。何度来ても好きな雰囲気です。  今熊野観音寺は、西国三十三か所めぐり第十五番札所で泉涌寺内塔頭の中でも大きい塔頭です。厄除、開運の寺として知られ、特に 頭痛、智恵授…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寺院(3)ー京都 泉涌寺、御座所庭園、 美しい

大混雑の伏見稲荷大社を直ぐに出て京阪で東福寺駅で下車し泉涌寺に向かいました。近くに紅葉で知れた大混雑の東福寺は避けて北側奥にある泉涌寺を選び行ったのは寺の御座所庭園の紅葉と塔頭を拝観したく訪ねました、 泉涌寺は、大門を入ると直ぐに楊貴妃が安置された観音堂が、その前の参道の先にどっしり構えた仏殿や舎利殿などが以前と何等変わることなく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寺院(2)ー京都 ぬりこべ地蔵、伏見稲荷大社、一寸立ち寄りました

石峰寺を後にして京阪深草駅に向かう途中で歯などの痛みを癒してくれると言われてるぬりこべ地蔵を思い出し行ってみました。 此の地蔵は、住宅地の一角にひっそりとこじんまりと在って通りすがり気を付けていないと通り過ぎてしまう様な小さなお地蔵さんです。以前来たことがあるが周囲の雰囲気が違っていて行き着くのに一寸手間取りましたが、以前と同じく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寺院(1)-京都 石峰寺、 五百羅漢

11月19日西本願寺大谷廟でのお墓参りを終え帰京までに少し時間があったので京都市内を散策しました。沢山の観光客が訪れる紅葉の京都、今回の市内は当日が日曜日だった事もあってか今まで経験をしたことがない程の観光客の多さ大変に驚きました。そこで混乱を避けて今の時期の京都の寺院と紅葉(黄葉)を短時間で楽しめる処をと考えた結果京阪沿線(伏見区)の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more