テーマ:野鳥

野鳥(1541)-エゾビタキ, 食欲旺盛!

ミズキレストランに集まる野鳥、エゾビタキです。 大きなミズキの木になる実にほぼ間違いなく渡りの途中集まります。今季も幸い纏まって飛来してくれました。 距離があり解像度が上がらず苦戦しましたが飛翔を含め何とか撮れました。 ブログ画像をクリックすると大きなサイズの画像をご…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1540)-オナガ、甘えたがり若鳥?

山野草探しの帰り道偶然目の前の渓流にオナガが降り立ちました。 遠目で良く見るとオナガの中に今年生まれたと思われるいがぐり頭の若鳥が未だ親鳥に餌をねだって親鳥からは離れられない様子が見受けられました。 花撮りのレンズで無理がありましたが、オナガの親子を少し撮ってみました。 鳥枯れの今貴重な出会いでした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1539)ーノビタキ、若鳥の天国

コロナ禍と猛暑が続く毎日ですが先日久し振りに高原を歩いてきました。 歩いたのは,戦場ケ原が一部通行止めのため出発地の赤沼から直接小田代ケ原に向かい湿原から草原に移行しつつある湿地帯を探鳥しながら小田代ケ原にある一番人気の白樺「貴婦人」の見える展望台までのコースです。 残暑厳しい日の中高原の涼やかな風の吹く樹林帯と湿地を散策しながらの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1538)-ノビタキ、真っ黒な頭(3)

高原回顧(3)です。 回顧の最後は高原人気鳥のノビタキ。高原ではよく目にしますが特にこの時季のノビタキの雄は頭が真っ黒、雌は淡色で可愛いく草原を飛びかう可愛い野鳥です。高原一面に広がった草原に涼しげな微風が吹く中ノビタキの飛びを目で追いながら撮影する心地よさはこの時季ならではのことです。 渡りの時期の秋口に又平地の草地や河川で再会し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1537)-ホオアカ、頬の紅い人気者(2)

高原回顧(2)です。 草原でどの鳥よりも遠くに響き渡る声で鳴く頬の紅いホオアカ、高原では欠かせない鳥です。 さえずりはホオジロと少し似ていますが、特に草の天辺など目立つ場所でさえずり、鳴き声のする方を観ればほぼホオアカで姿は見つけやすい。 毎年高原で出会えるのは楽しく嬉しいものです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1536)-ビンズイ、高原で伸び伸びと(1)

コロナの感染拡大がおさまりません。特に特定地域社会の若者への拡大以外に家族、職場等異常な位の猛威です。 感染予防のため外出自粛や越県自粛などで活動も制限され、又偶に外出した街中では「感染確認アプリ」で感染の心配をしなければならない毎日です。加えて昨今の猛暑、熱中症にも気をつけねばならない苦難の夏です。 そんな中お盆明けの秋の気配に満…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1535)-コムクドリ、小群れて

夏の暑い日の中ミズキの実を漁りに小群れたコムクドリが飛んで来ました。 ミズキの実は前からコムクドリが漁りに来ていたのでしょうか可なり少なくなっていました。桜の花が散った頃に群がる毛虫などを求めて4月中旬頃毎年飛来するのは観てますが、暑い日のさなか群れで園内を群れ飛ぶのをみたのは初めてです。 渡りの時期に小群れで移動する途中実のなるミ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1534)-セッカ、目の前に

夏枯れで野鳥が少ない時期に活発に飛び回るのはツバメですが、加えて良く目にするのが河川の葦原の空高く囀るセッカです。 このセッカは、散歩の時の事ですが、突然目の前に降りてきて近くに巣があるのか盛んに巣材を運んだり、薄の穂先に止って懸命に鳴いたりして暑い真夏日を気にせず飛び廻ってくれました。 器用に両足を開いて止まる姿が印象的な野鳥です…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1533)-イカル、予期せぬ出会い

狙いの野鳥待ちをしていた時、突然眼前の林の中から姿を現したのがイカルでした。 イカルと言えば普通は冬場に多い野鳥として見てるのでイカルと分かった時にはいささかビックリ。一瞬小枝に止まり直ぐに飛び去りました。 実際には留鳥で何時出会えても不思議ではないですが今回出会えた時期が梅雨の始まる直前で普通には山に帰ってる時期でした。 流石に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1532)ツミ、巣立ち雛

梅雨明けの遅い今季、その上にコロナの感染の拡大、どちらも望まないことが続く毎日です。 今日は巣立ちした雛と世話をするツミの親鳥です。 巣の中には未だ巣立ちしてない雛がいるようです。時に給餌するために巣に向かいますが、先に巣立ちした雛にも給餌を欠かせない忙しさです。 巣立ちした雛は地上に降りたり枝で給餌を待ったりして親鳥は気の休…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1531)-コアジサシ、曇天のもと

子育ての終わったコアジサイですが、久し振りに河川に観に行きました。 青空バックに爽快に飛翔するコアジサシと思いましたが、生憎の曇天続きでした。それでも水上をスイスイ飛びかうコアジサシは日頃の気分を少し癒してくれました。 そんなコアジサシの飛翔です。   ブログ画像をクリ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1530)-オナガ、若鳥

散歩の途中にある雑木林でオナガの若鳥1羽を確認しました。 先々月その雑木林でツミの鳴き声があり営巣を期待しましたがならず、同じ場所でオナガの姿を見たので、恐らく近くで営巣したオナガの子なのかも知れません。 若鳥はほゞ親鳥と変わらないくらいに大きくなっていて、以前の成鳥かと思いましたが、胡麻塩頭から若鳥だと思われます。 オナガ撮りは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1529)ーチョウゲンボウ、飛び出し(2)

休んでいたチョウゲンボウが何か餌を見つけたのか急に飛び降りました。何を見つけたのか分かりませんでしたが、この時期親鳥は採餌のため懸命に動き回っていました。撮り置きからです。 公園の紫陽花 ブログ画像をクリックすると大きなサイズの画像をご覧になれます。 You can se…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1527)-サンコウチョウ、つれずれに

サンコウチョウが続きますが、撮り貯めた今期のサンコウチョウの営巣以外の写真と撮り置き写真をアップします。       ブログ画像をクリックすると大きなサイズの画像をご覧になれます。 You can see the larger seize…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1526)-サンコウチョウ、抱卵中

サンコウチョウの巣立ちは早く平均して,抱卵日数:12~14日、巣立ち日数:8~12日です。予想はしてはいたものの訪問前日降雨の中巣立ちしてしまい残念ながら巣立ちに立ち会えませんでした。 別に前回観察した巣造り中の巣は完成し今は抱卵中でした。 その巣では雌が巣を守り雄は殆ど姿を見せてない状態でした。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1525)-サンコウチョウ、給餌中(既に巣立ちました)

抱卵していた卵が孵って親鳥が盛んに繰り返し給餌をしています。 主に雌が頻繁に、雄は余り見かけないので雌が主体で世話してるようですが、雛の数は3羽(?)、かすかに給餌時に頭が見え確認出来ました。 この巣の雛は既に巣立ちましたので巣立ち前の様子のアップとなりました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1524)-アオバズク、戻ってきました

台風で境内の杉が被害を被りアオバズクの営巣に影響するのではと懸念されましたが、今年も無事営巣に入りました。 今は巣の近くで雄が見守りをしています。 動きがないので単純な写真になりがちですが、今日は羽繕いやエンジェルポーズをして楽しませてくれました。 ブログ画像…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1523)-チョウゲンボウ、飛翔(2)

構造物に止まったチョウゲンボウは先に巣立ちした頭が黒褐色色味の若鳥と思われます。親鳥は時々飛来し一方未だ巣の中に残る雛(先日巣立ちした様です)に給餌を繰り返してます。そんな若鳥(?)と親鳥の様子を構造物で冴えないですが撮影しました。 若鳥の飛翔 親鳥の飛翔 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1522)-チョウゲンボウ、飛翔(1)

今年の営巣は三ヶ所の様で既に巣立った処と未だ巣の中にいるものもありました。巣の中の雛は鳴き声が聞こえるもののまだその姿は見えたり見えなかったりです。又別の巣では落下して不幸にも命を全う出来なかった雛がいた様です。最後に残った巣の雛(2羽か3羽?)が巣立ち出来元気な姿を見せてくれることを期待したいものです。 周辺を飛び廻る親鳥の飛翔です…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1521)ーキビタキ、大きな鳴き声

キビタキの鳴き声が森の中一段とハッキリと大きく聞こえてきます。ここのキビタキはスーパーキビタキと言われる程美しい個体です。 暫く近くに寄るのを待ってると急に暗い杉の木の上から鳴き声が、高い細枝の上で餌を咥えてました。 給餌のためなのか期待してみましたが結局飛び立つ前に食べてしまいました。 スーパーキビタキ …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1520)-サンコウチョウ、巣造り

今度も又サンコウチョウの巣造りを観察しました。 高い木にぶら下った弦に造ってるのですが一度目を離すと再度見つけられない程難しい場所です。巣はほゞ7,8割方出来上がってましたが、頻繁に巣材を運び込み懸命に作業を繰り返し続けて居ました。 不思議なのは観察中一度も雄が来ず、雌が単独で巣造りしていることです。巣造りは普通番の協同作業と思われ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1519)-トラフズク、孵ったばかりの雛。

営巣中の番のトラフズクです。 雌がいる巣では孵ったばかりの雛の頭が少し見えるだけで容姿は分かりませんでした。傍の小枝にいる雄は虎模様の羽と頭の尖った耳が目立ちます。兎に角日中は動かないので単調な画像になりました。 因みに卵から孵った雛は23,24日ほどで巣立ちするようですので恐らく今月末頃には巣立ちすると思います。参考までに昨年同じ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1618)-コウノトリ「歌」、飛ぶ姿

自由奔放(?)に動き廻る母鳥「歌」は、雛の世話を父鳥「ひかり」に任せて巣の周辺の沼地で餌を漁りながらあちらこちら歩き廻る行動派のコウノトリです。  遠くの沼で遊んでいたのが急に近くで暫し飛び廻り、ほんの数十秒でしたが全長が約1m強、翼開長約2m弱のコウノトリのゆっくりした優雅な飛ぶ姿を堪能出来ました。最後は頭上を越えて何処かに飛び去り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1517)ーコウノトリ「ひかる」、雛の見守り

父鳥は「ひかる」4歳、母鳥は「歌」2歳と命名されたコウノトリ、この地で今年の3月より一緒に行動し5月の始めに産卵し今月に入って孵った様です。東日本で初めて自然の環境での繁殖だと報じられました。 広大な沼地周辺には高温で陽炎が立ち、又観察場所から約200mもあろうかと思える遠い鉄柱の上に営巣してます。中には未だ孵った直後らしくハッキリ見…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野鳥(1516)-サンコウチョウ、更に強敵に

巣はほゞ完成に近く高い木の小枝にシッカリ取り付いた状態でいつでも抱卵できる様に見えました。 しかし、この日は近くで鳴き声を聞くだけで殆ど巣には飛来せず。場所を変え待機しました。長い待ちの間に一瞬目にしたワンチャンスで撮れたのがこのカットだけでした。更に強敵になりました。 ブログ画像をクリッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1515)-キビタキ、唄う姿

胸の鮮やかな黄色のキビタキ雄がしきりに嘴を上に向けて思い切り鳴く姿を観察・撮影出来ました。 高い木の梢から聞こて来るキビタキ雄の大きくて明瞭な声は断然目立ちます。辛抱強く待っていると梢の間を活発に動き回わりながら時々近くで唄う姿を披露してくれました。 ブログ画像をクリックすると大きなサ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1514)-サンコウチョウ、長い尾と青い目の強敵

今年は比較的見やすい場所に巣造りをしています。それでも遠く高い木の枝にあり殆ど教わらないと分からない場所で撮影する上の難儀さは例年と変わらないです。 青い目で雄は長い尾羽が特徴ですが、今回観察した雄はそれ程長くはなかったです。そんな番が懸命に巣材を運び巣造りも最終段階に入った様に見え巣が完全に乾き切った後抱卵に入るものと思われます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1513)-カッコウ 幼鳥、托卵飼育!!

先日早朝の散歩の折保護樹林で突然「カッコー」と鳴き声を聞きました。今年初めてのカッコーです。清々しい気分になります。 以来朝の早い内に遠くで毎朝聞こえてきますが、未だ近くでは姿を見かけません。 カッコウと言えば、他種に卵を托卵し子孫をのこす習性があります。カッコウが他の鳥に托卵するのは体温変動が大きい傾向があるため、体温変動の少…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1512)-サンコウチョウ、暗い森の手強い住人

遠くて暗い杉林の中を行き来するサンコウチョウの撮影は毎度厳しいです。過去写真から。 ホイッ・・・ホイッ・・・ホイッとの声で目を凝らして見ても杉林が密集していてなかなか見つけられず、必死に探し場所を確認し撮影するっていう感じ、こんなことの繰り返しで気の入った写真は撮れません。いつも落ち込みます。 それでも挑戦を止められない魅力的なサン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more