野鳥(1427)-ルリビタキ メス或いはメスタイプの若

雌或いは雌タイプの若鳥なのかハッキリわからないが、時々水場に降りて来ていました。 前日当地に雨が降り水場が彼方此方に出来た関係で待つ水場へ飛来する野鳥が少なかった中、ルリビタキだけは比較的多く飛来し撮影のチャンスが多くありました。 後しばらくすれば平地の公園などで再会できるのを楽しみに待ちたいものです。 …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1426)-ルリビタキ 雄、今はお山で

高いお山でのルリビタキです。 完全に青と白の体色が美しい小鳥ですが今ここで見れるルリビタキ雄はそこまで綺麗ではないが美しさは変わらないです。 今冬公園などで又美しい姿で再会したいものです。 ブログ画像をクリックすると大きなサイズの画像をご覧になれます。 You can see …
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1425)-キビタキ、渡りの途中に

待てど暮らせど一向に現れない状況でしたが、鳴き声もなく静かにキビタキの雌が木立の中に飛来しようやく眼前に現れました。 雄雌別々でしたが、臆病な雄はワンチャンス、それに比し雌は3回飛来し愛くるしい姿を見せてくれました。 ブログ画像をクリックすると大きなサイズの画像をご覧になれます。 You…
コメント:4

続きを読むread more

寺院(15)-宝泉院、来迎院、三千院周辺の古寺を訪ねて。

実光院、勝林院を見終え引き継き宝泉院、来迎院に向かいました。 宝泉院 勝林院に隣接した宝泉院は勝林院の子院、ここの庭園にある樹齢500余年を超える富士山型の五葉松が有名です。竹林も美しい。 庭園は盤桓園と呼ばれ客殿から抹茶を飲みながら皆さん額縁庭園の絶景を楽しんでいます。 来迎院 三千院…
コメント:2

続きを読むread more

寺院(14)-実光院・勝林院、三千院周辺の古寺を訪ねて

三千院を拝観した後余り時間がなかったが周辺の古寺4寺を駆け足で廻りました。 実光院 こじんまりとした寺で学僧達の住む寺として建てらてたそうです。 小さな客殿から一年を通じて四季折々の花を抹茶とお菓子で楽しめる天台宗のお寺さん。女一人旅? 勝林院 茶屋の並ぶ三千院の門前を真っすぐに進むと勝林院の山…
コメント:3

続きを読むread more

寺院(13)-三千院、静寂な大原の里に

呂川の清流沿いの緩やかに上る道をゆっくり歩いて約10分、紅葉の季節は人で一杯ですがこの時期三千院を詣でる人も疎らむしろ寂しい道のりでした。 以前訪ねたのは2004年11月10日です。.当時の記憶は定かでないがほとんど寺院の雰囲気は変わらず聚碧園と有清園の綺麗な庭園が迎えてくれました。特に本殿を出た先には杉木立の中に三千院を象徴する阿弥…
コメント:4

続きを読むread more

カワセミ(238)-若鳥の採餌はまだまだ?

こちらのカワセミはお腹は赤くなってますが、足はまだ黒いままなのでどうやら若鳥の様です。 木陰から一段上の池に飛び込み、小海老をGETしました。その後何回か採餌しましたが失敗、だんだんと慣れ小魚も採れるようになることでしょう。ボケ気味の撮影にとなりました。 Appendix(キセキレ…
コメント:4

続きを読むread more

カワセミ(237)-若鳥の争い?

現在朝の6時半頃、先程までの物凄かった風雨はおさまりましたが風は依然強く吹いてます。 関東に上陸した台風の中でも台風15号は過去最強クラスのものだった様です。被害が出てないと良いのですが・・。 庭の植木鉢がゴロゴロ転がってます。 若鳥にまでに育ちあがったカワセミ2羽と時には成鳥とが入り乱れ同じ池の中で追いかけごっこ、どちらかが…
コメント:2

続きを読むread more

野鳥(1424)-ツツドリ、ようやく姿を。

普段あまり聞きなれない「ポポッ、ポポッ」という低い鳴き声と托卵をすることで名の知れたツツドリ、ようやく姿を見せるようになりました。 余り落ち着きがないため良い姿では撮影できませんが、初秋を迎えるにあたり欠かせない野鳥の様に思います。 ブログ画像をクリックすると大きなサイズの画像をご覧になれます。 Y…
コメント:6

続きを読むread more