野鳥(1416)ーコノハズク、夜の番人

深い森の一角に設けられた巣箱に雛が孵り毎日懸命に育ています。 活動は主として夜から朝方まで15分間隔で餌を運び昼の間は巣のそばの木立で休んでます。ここのコノハズクは赤色型で可愛い目つきが大変魅力的です。 又オオコノハズクも営巣していて親鳥は警戒心が強く観察できませんでしたが、巣箱内にいる雛は1羽観察できました。 日中巣の傍で警…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more