寺院(11)-奈良大和四寺のみほとけ展

奈良の北東部に所在する岡寺、室生寺、長谷寺、安倍文珠院の四寺が長年保存継承して来た国宝4件、重要文化財9件を国立東京博物館で「奈良大和四寺のみほとけ」として展示公開しました。
これ等古刹の極めて魅力に富んだ仏像を以前から一度は拝観したいものと思いながら機会がなく今日に至ってました。その昔室生寺には一度訪問し金堂に安置された文珠菩薩立像や薬師如来立像などは参拝したことがりますが、今回一同に公開展示されたのを機に訪問しました。

奈良 ほとけ展MG_1062.JPG
5月に同場所で「東寺 空海と仏像曼荼羅」展を訪問したので今回で2度目の訪問となりました。今回は然程の混雑もなくすんなりと入場できました。展示は一室に国宝4件、重要文化財9件展示され順次配列に従い「卓越した造形と厚い信仰を物語るみほとけ」をじっくりと堪能しました。
奈良四寺のみほとけ展IMG_1052.JPG                       室生寺の3立像の展示模様
展示室の奥には、室生寺の仏像ー十二神将立像を中心にして左右に地蔵菩薩立像、十一面観音菩薩立像が高座に鎮座し、その立像それぞれの像高が100.0から200.0あり見下ろす像は威圧を感じますが慈悲に満ちた温和な表情は見る人の心を和ませてくれます。しばし佇んで前から後ろに回りじっくりと見ました。

個々の仏像の撮影は禁止されてますので展示資料から室生寺の諸仏を転写掲載します。
十一面観音菩薩立像IMG_1108_R.JPG
十二面観音菩薩立像  本造,彩色 像高 196.2
釈迦如来座像MG_1121.JPG
釈迦如来座像 横顔  木造、彩色 像高 .106.3
IMG_1116.JPG
釈迦如来座像 横顔  
I地蔵菩薩立像MG_1111_R.JPG
 地蔵菩薩立像 木造、彩色 像高 160.0



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みなみたっち
2019年07月19日 19:34
これも知りませんでした。
いろいろと情報を収集され、さっと行かれることに感心させられます。(*'▽')
大和四寺ですか。
安倍の文殊院だけ行ったことがありません。
仏像に対面するのは良いですよね。(*'▽')
写 素人
2019年07月19日 20:38
今回の訪問の主たる目的は、その昔参拝した室生寺の諸仏との再会でした。 
2度と見れないと思っていたので「みほとけ」展があることを知って訪問し諸仏を見た時は感激ひとしおでした。
中でも室生寺の釈迦如来像の穏やかな慈悲に満ちた横顔が好きです。

このような仏像展示あると良いですね。