アクセスカウンタ

<<  2017年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
野鳥(1098)−オシドリ さよなら、又来てね
野鳥(1098)−オシドリ さよなら、又来てね オシドリの雄1羽が昨年の暮に飛来して以来約4か月近く、小さな池に居てくれました。 その間、時に居たり居なかったりして気を揉んだりしました。近くの何処かにいる仲間の処へ飛んでいくのか、姿を消すこともあったが、何故かこの池が気に入った様で又戻って来たりしてマガモなどと仲良く同居、人気を集めてました。 又来冬戻って来てほしいものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/31 05:27
花(55)−枝垂れ桜、 東郷寺
花(55)−枝垂れ桜、 東郷寺 桜の開花宣言された後、寒さがぶり返したりしてソメイヨシの満開までには未だあと少しの様ですが、枝垂れ桜は若干早めに咲く様なので、昨日枝垂れ桜で名の知られた東郷寺に行ってきました。   当寺には枝垂れ桜が5本ありますが、当日の開花状況は一本がそこそこ見れる状態でした。青空に映える日ではなかったのが一寸残念でしたが、桜を愛でる人が沢山見学に来てました。  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/30 06:12
野鳥(1097)−スズガモ、白い脇腹の雄
野鳥(1097)−スズガモ、白い脇腹の雄 幅広い川の中に漂うカモは、潜水しながら採食中の20羽程度のスズガモ集団でした。 帰路の堤防から一旦納めたカメラを再び出し手持ちで遠距離撮影をしました。スズカモは潜水ガモですので始終潜ります。頭を持ち上げるタイミングに合わせ撮影するのは結構難しいかったです。  最初はコスズガモではと思いながらの撮影でしたが、帰り調べた結果スズガモでしたので少し残念。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/29 05:37
野鳥(1096)−コミミズク、 暗くなって
野鳥(1096)−コミミズク、 暗くなって 陽も落ちた5時20分頃ようやく出現しました。周囲は薄暗くなり、撤収の準備中の出現だったので、やむなく手持ち撮影になりました。撮影条件はSS上がらず、ISO3600まで上げましたので画質は落ちましたが、2羽がバトル後菜の花の咲く堤防に沿い飛翔した様子を辛うじて撮影出来ました。撮り終えた時には既に周りは暗く、17時40分でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/27 06:09
カワセミ(201)−飛び込み水浴♀、きれい、きれい
カワセミ(201)−飛び込み水浴♀、きれい、きれい カワセミの水浴びは、他の野鳥とは違う浴び方をするのがとてもユニークです。 止まり木から勢いよく飛び込み、直ぐに元の止まり木に戻る、それを2,3度繰り返します。 繁殖期には巣造りで汚れた体を綺麗にしたり、又それ以外でも食後の一時を水浴びしたりして、常に清潔にしております。いつもの水浴後の飛び上がり飛翔の連続写真です。    ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/25 06:46
カワセミ(200)−給餌なしの一人占め♂
カワセミ(200)−給餌なしの一人占め♂ 繁殖期に見受けられるカワセミの給餌、今回この池での給餌行為は未だ早くて、捕った小魚を雄は雌に与える素振りなく、自分で食べてしまいました。一時雄2羽で縄張り争いがあったとか、残った雄はこの場所では新しい個体なのかもしれない。給餌までには少々時間が必要なのかも・・・。  雄は、捕った大きめの魚を一気&#21534;みと行かず、時間をかけて飲み込みました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/23 05:05
カワセミ(199)−久しぶりの飛翔撮り♂♀
カワセミ(199)−久しぶりの飛翔撮り♂♀ 今年初めてのカワセミの観察です。 そろそろ活動期に入る時期を迎え、池のカワセミの動きをチェック、雄雌の存在を確認出来ました。数日前給餌行為もあった様ですが、当日は出が悪く期待したほどの動きはありませんでした。巣穴堀りで嘴などが汚れてないのが気になりますが、何処に巣を造るのだろうか。 久しぶりのカワセミ撮影、「飛びもの」で楽しめた半日でした。ー「飛び付き2題・♂♀」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/21 05:21
野鳥(1095)−ホオアカ、逆光の中
野鳥(1095)−ホオアカ、逆光の中 河原の傍の空地にホオジロが3,4羽行ったり来たりするのを何気なく見ていたら、一寸違うのを認め、良く見たら頬の赤いホオアカでした。  良く似たホオジロとは、大きさはほゞ同じだが頬の 赤褐色が目立ち、胸に黒斑があり尾が短めな処が違います。 余り綺麗とは言えない雑草の間を1羽で行動し、草の先端等で鳴いてました。背景としては極めて見栄えしないが、これもやむを得ないと逆光のホオアカを撮りました。河原を離れて少し観察しましたが、暫しのステイの後飛び去りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/19 05:40
野鳥(1094)−セッカ、未だ縄張り宣言なし
野鳥(1094)−セッカ、未だ縄張り宣言なし オオジュリンに次いで河原で観察できるのはセッカ。 繁殖期でない今の時期、単独で行動し、縄張り宣言の上空鳴きがないので河原ではとても見付け難い。今回は、幸い眼前の枯れ木に上がってくれたりして観察・撮影が出来ました。 成鳥冬羽は夏羽に比べ腹が黄色味があり、これはこれでとても綺麗な彩で又見栄えのする野鳥です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/17 05:19
野鳥(1093)−オオジュリン、蘆原で
野鳥(1093)−オオジュリン、蘆原で 川に茂る葦原に生息するオオジュリン、未だこの時期冬毛で頭の黒い成鳥は見当たらなかったが、冬の殺風景な河原の可愛い野鳥として好まれる野鳥です。 葦の茎の中にいるカイガラムシ類を捕食するため茎から茎へと移動するところを観察・撮影するも、「パチパチ」と茎を剥がす音を聞く中風で揺れる茎の上にはなかなか上がって来ず撮影には手こずりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/15 05:13
野鳥(1092)−ジョウビタキ♂、 そろそろお別れか
野鳥(1092)−ジョウビタキ♂、 そろそろお別れか 3月に入り段々春めいた中、静かな公園を歩いていると独特の鳴き声、探して見ると周りをこれ見よがしに周辺の枯れ木を飛び廻り、逃げようとしないジョウビタキの雄、これが今季最後になるだろうと撮りました。 狙いではなかったですが、幸運なことに近距離で見やすい処に止まってくれました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/13 05:54
野鳥(1091)-ミコアイサ、番で仲良く
野鳥(1091)-ミコアイサ、番で仲良く 広い池のど真ん中で動く白い鳥、付かず離れず同伴で居るミコアイサの番は直ぐに確認する事が出来ました。  雄雌同伴で居るのはあまり見かけないので、今回は珍しい。時に眠ったり、潜り餌を漁ったりで一時も静止することなく動き回る。出来れば飛び上がりを撮りたかったのですが、タイミングを計ったものの飛びは撮れませんでした。 写真的には単調な写真ばかりとなりましたので、最後に羽ばたきのアニメを作成しUPしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/11 05:59
野鳥(1090)−オオアカハラ, 今冬は希少な
野鳥(1090)−オオアカハラ, 今冬は希少な 今冬は、何故かアカハラとの出会いが無く、このまま過ぎてしまうのかと思っていました。 ところが、近くでオオアカハラが居るとの情報を貰い行った先が、以前にも飛来したことがある場所と同じで、直ぐに確認出来ました。冬期に見られる個体の多くはオオアカハラの可能性が高いと言われていますが、出会いの機会はさほど多くはないです。 川岸の草むらを行ったり来たり、時に川中の石に乗っかったり,臆病なオオアカハラに似合わず人気を気にせずゆったり餌を漁っていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/09 05:17
野鳥(1089)−トラツグミ、 再び
野鳥(1089)−トラツグミ、 再び 何時もの事ながら、思いがけないタイミングで出会うのが野鳥の常。 園内を何気なく歩いていると暗い木陰に動くもの、じっとして見ると先方から近寄ってくる野鳥、トラツグミでした。全身が黒と黄色の 虎斑模様であることから直ぐに分かり、一人で対面、静かに撮影ができました。 これが今冬最後の出会いでしょう。貴重な出会いでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/08 06:10
野鳥(1088)−アカハジロ、交雑種?
野鳥(1088)−アカハジロ、交雑種? 昨年通常はあまり見かけないオオハシハジロが飛来した池に、今年も同類のアカハジロが飛来しました。本来のアカハジロは虹彩が白く今回のアカハジロは黄色なので純正とは若干違う様ですが、いずれにしても本来のアカハジロはレッドリストで「絶滅危惧 (EN)」に指定されている希少なカモ類です。 観察中は始終寝ていて撮影のタイミングは非常難しいかったですが、同類のホシハジロの集団の中で1羽注目の的でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/06 05:12
野鳥(1087)−ホオジロガモ、 小集団で
野鳥(1087)−ホオジロガモ、 小集団で ホオジロガモ雄特有の嘴基部の白班が際立って白く目立ちます。それにおむすびの形をした頭は緑色した光沢ですが光の具合で黒く見えることが多いです。 今回は、頬の白班が未だ完全に白くなってない第一回冬羽の若鳥も珍しくいました。雄2羽を中心に若雄1羽と雌3羽が一時も付かず離れず懸命に潜りながら餌を採って、非常にまとまった行動をするホオジロガモでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/04 05:33
飛行機(22)−ジャンボ機B747、今尚運行
飛行機(22)−ジャンボ機B747、今尚運行 移動してC滑走路とD滑走路で離着陸する各社飛行機を見ました。 C滑走路は、海上からは西側に位置するため午後は特に逆光となり撮影的には適さない滑走路です。がしかし、今は日本では既に2014年3月ANAを最後に退役したジャンボ機747がC滑走路に離陸に備え駐機しているのに出会いました。ルフトハンザ・ドイツ航空で日本便H717便として運航しているのです。 その久しぶりのジャンボ機がC滑走路からテイクオフする姿を懐かしく見ることが出来ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/02 05:18

<<  2017年3月のブログ記事  >> 

トップへ

Heutige Fotos(ぶらり探鳥記) 2017年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる